Flit Department of Flipped Learning Technologies 東京大学大学院情報学環・反転学習社会連携講座

Projects

NTTドコモの協力により 2013年10月に設置された東京大学大学院情報学環・反転学習社会連携講座(Department of Flipped Learning Technologies:通称FLIT)では、今後3年間に渡り、NTTドコモとMOOCと反転学習に関する共同研究を行います。具体的には、以下の3つの目的に沿った研究活動を行います。

反転学習に関連する学術的な理論の整理

1. 反転学習に関連する学術的な理論の整理

ブレンド型学習(Blended Learning)など関連する学術研究の知見に接続しながら、反転学習の理論や方法論を整理します。

MOOCと連動した反転学習モデルの開発

2. MOOCと連動した反転学習モデルの開発

MOOCプラットフォームを活用した一般向け反転学習のモデルを開発し、2014年春から実証実験を行います。

大学の授業における反転学習の効果検証

3. 大学の授業における反転学習の効果検証

大学の授業に反転学習をとりいれる際の対象領域別学習モデルの検討および教育効果の検証を行います。