Visualizing Tokyo 東京を可視化する

English

概要

「東京を可視化する」をテーマに、東京の歴史と現代を映し出す映像の分析
および制作を通じて、都市・メディア・イメージをつなぐ複雑な関係を理解していきます。

ドキュメンタリー映画の制作者による指導を受けながら、映画製作の手順を学び、
自分自身の映像・写真集を制作し、最終日のミニ映画祭で発表をします。

グループでの協同と英語でのディスカッションによって進められますが、
必要に応じてスタッフがサポートしますので、安心してご参加ください。

対象 東京大学に在籍中の学部1・2年生
日時 2014.11.29(土)、12.6(土)、7(日)、
2015. 2.12(木)、13(金)
形式 ワークショップ
前提 理論と実践を交えたコースのため、初回までにオンライン講座(edXの「Visualizing Postwar Tokyo」)の講義動画を視聴し、クイズ課題に回答しておくこと

担当講師

ニコラ・リスクティン

ニコラ・リスクティン
グローバルリーダー育成プログラム推進室 特任教授

カルチュラル・スタディーズ、日本映画・文学、ジェンダースタディーズが専門。1990年代中頃より映画における記憶文化とその性差に関心を持ち、福島第一原発事故とその後遺症を撮ったドキュメンタリー映画に携わる。ハンブルク大学で修士号を、ケンブリッジ大学で博士号を取得。ロンドン大学、ドイツ-日本研究所、バークベック・カレッジ、一橋大学などで勤務経験がある。

イアン・トーマス・アッシュ

イアン・トーマス・アッシュ
フィルムメーカー

1975年アメリカ生まれ。2005年にブリストル大学でMAを取得。最初の長編ドキュメンタリー『the ballad of vicki and jake(2006年)』がスイス・ニヨンのドキュメンタリー映画祭でグランプリを受賞。福島第一原発事故後の福島に暮らす子供たちを撮った作品には、『In the Gray Zone(2012年)』や『A2-B-C(2013年)』などがあり、海外からも高い評価を得ている。

吉見俊哉

吉見俊哉
情報学環 教授

社会学、都市論、メディア論、文化研究が専門。近代化の中でのポピュラー文化と日常生活、そこで作動する権力について考察してきた。東京大学大学院社会学研究科で学んだ後、同大学新聞研究所、東京大学社会情報研究所を経て2004年より現職。2006年4月から09年3月まで学環長を務め、2010年より大学総合教育研究センター長、企画室長、2011年より同大学副学長を兼任。

プロモーションビデオ

履修方法(オリエンテーション)

履修を検討されている方は、
2014.10.10日(金)18:15~19:15頃に、駒場アクティブラーニングスタジオ(KALS)で開催されるオリエンテーションまでお越し下さい(事前登録は不要です)。
駒場アクティブラーニングスタジオ(KALS): http://www.kals.c.u-tokyo.ac.jp/access.html

オリエンテーションに参加出来ない方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
東京大学大学院情報学環・反転学習社会連携講座: flit.contact@iii.u-tokyo.ac.jp

The University of Tokyo
Winter Semester of 2014

Visualizing Tokyo

Outline

・Scrutinize historical and contemporary footage of Tokyo
・Understand the complex connections between the city, media, and imagery
・Learn main steps in film-making by working with documentary film director
・Create your own video or photographs of visualizing Tokyo
・Present your creation at mini film-festival

For 1st-, and 2nd-year students
Dates: 29 Nov, 6 & 7 Dec. 2014, 12 & 13 Feb. 2015
Whole day workshops
a Theory and Practice Course taught alongside the MOOC course “Visualizing Post-war Tokyo”

Instructors

Nicola Liscutin
(Center for the Global Leadership Education, Professor of Japanese Studies)

Ian Thomas Ash
(Filmmaker)

Shunya Yoshimi
(Graduate School of Interdisciplinary Information Studies Professor of Sociology, Cultural Studies, and Media Studies)

Reference

www.youtube.com/user/VisualizingTokyo

Orientation

10 Oct. 2014, 18:15~, at KALS
http://www.kals.c.u-tokyo.ac.jp/access.html